求人の書き方を工夫しよう

>

定期的に休みをもらいたい人

学生向けの仕事だと伝えよう

自分で学費を稼ぐために、仕事を探している人が見られます。
風俗は時給が高いので、学生が興味を持っていることが多いです。
そんな学生を呼び込むためには、休みの融通が利くと求人に記載しましょう。
学生はテストがあるので、その前は勉強の時間をしっかり確保しなければいけません。
ずっと仕事をしていると勉強が疎かになって、留年してしまいます。

学校のために仕事をしているのに、それが原因で卒業できなくなったら困ります。
勉強と学業を両立しやすいと、学生に向けてアピールしましょう。
すると学費を稼ぐために仕事を探している学生が、求人を見て応募してくれます。
休みを申請すれば、すぐに受理するというのは大きなアピールポイントになります。

ストレスが溜まりにくい

休みながら働くことで、疲れやストレスが溜まりにくいです。
ですから学生以外でも、休みを多くもらえるという面を重要に考えて仕事先を探す人が多いです。
働く人数がたくさんいれば、1人1人の休みを多く確保できます。
求人を利用して、たくさんの人を集めることを意識してください。
疲れが溜まると、お客さんに笑顔で接することができなくなります。

お客さんも楽しくないので、お店の売り上げが低下する可能性があります。
スタッフを無理して、働かせることは絶対にしないでください。
そんなことをしても、デメリットが大きくなります。
定期的に休ませて、身体を回復させながら働くのが最も良い方法です。
そのために、休みをしっかり与えましょう。


この記事をシェアする